2016年10月11日

枕が低いと眠れず、寝ても息苦しくて何度も目が覚めるのは心臓の血管がつまる重大な前ぶれかもしれない

就寝時の息苦しさは冠動脈がつまる前ぶれ

夜寝るときに、「枕が代わると眠れない」というのは心配はありません。しかし、「いつもと同じ枕なのに息苦しくて眠れない」「枕を高くしたら落ち着いて眠れた」という症状のある人は、心筋(心臓の筋肉)に血管を送る冠動脈がつまりかけていると考えられます。

動脈硬化(動脈の老化) が原因で冠動脈の内腔(内側の内腔が狭くなると、心筋に十分な血液が送られなくなります。血液が十分に送られなくなると心筋の働きが衰え、血液を送り出す心臓のポンプ作用も弱まります。

体を水平にして寝ていると、心臓の位置は低くなるため、全身の静脈の血液は心臓に戻りやすくなります。しかし、ポンプ作用の衰えた心臓には、戻ってきた血液を送り返す力がありません。そのため、静脈の血液が停滞し、肺にうっ血が起こって息苦しくなるのです。

枕を高くして上半身を起こせば、静脈の血液が心臓に戻りにくくなります。それに加え、重力の影響で肺のうっ血が解消されます。その結果、心臓の働きに余裕ができて、呼吸がらくになるのです。

このように、横になっていると息苦しく、上半身を起こすと呼吸がらくになる症状を「起座呼吸」といいます。眠ってもすぐ息苦しくなって何度も起きてしまうという場合も同様です。

起座呼吸は、冠動脈がつまっているときに限らず、心臓のポンプ作用が低下する病気で起こりますが、心臓の血管がつまりつつある重大な前ぶれでもあるのです。

冠動脈のつまりは大病につながる

では、冠動脈がつまるのを放置していると、どんな病気になるのでしょうか?

まず、冠動脈が少しずつつまって心筋への血流が一時的に不足すると、狭心症になります。狭心症の発作が起こると、胸がしめつけられたり、圧迫されたりするような強い痛みを感じます。

冠動脈のつまりがさらに進み、血管が完全につまってしまうと、今度は心筋梗塞が起こります。血管がつまった先の部分には血液が送られなくなるため、その部分の心筋は壊死を起こしてしまいます。

心筋梗塞の発作が起こると胸を焼け火ばしでえぐられるような激しい痛みが30分以上続きます。突然死につながることも珍しくありません。

冠動脈のつまりは、こうした生命にかかわる大病を招きます。しかし、前ぶれを早めに発見して、食生活の改善や運動不足の解消といった対策を取れば、狭心症や心筋腱塞を防ぐことも可能です。ちょっとした前ぶれを見逃さず、冠動脈をつまらせない対策が命を守ります。
posted by 突然死 at 17:02 | Comment(0) | 心臓
2016年10月08日

心臓病の前ぶれを見逃さない

脳血管疾患を上回る心臓病の死亡者数

突然死を起こす原因は複数ありますが、最大原因といえるのが、心臓病です。

心臓病は、1985(昭和60)年を境に、脳梗塞などの脳血管疾患の死亡率を上回るようになりました。厚生労働省の調査によれば、2008(平成20)年には脳血管疾患による死亡者数が12万6000人なのに対し、心臓病が原図の死亡者数は柑万4000人に上りました。しかも心臓病の死亡者数は、ここ数年増加傾向にあります。

心臓病による突然死を防ぐには、心臓の異常をいち早く察知し、適切な治療を受けることが何より肝心です。では、どうすれば、心臓病の有無を知ることができるのでしょうか。

最も有効なのは、やはり定期的に検診を受けること。そして、心臓病の前ぶれに気づくことです。

みなさんは、突然襲う心臓病に前ぶれがあるのかと思うかもしれません。しかし、心臓の異常は全身に影響を及ぼすため、どんな心臓病にも必ず体のどこかに前ぶれが現れるのです。

動悸と息切れが同時に起こった場合

心臓病の前ぶれというと、真っ先に思い浮かぶのが「動悸・息切れ」でしょう。動悸とは、胸がドキドキと高鳴る症状。専門的にいえば、普段はあまり気にしていない心臓の動きを自覚し苦痛を感じる状態のことです。
ひと口に動悸といっても、その症状や原図はさまざまです。その中でも、日常よく経験する動悸l、は、不整脈によるものが多くなっています。

例えば、心臓の拍動が1つ抜けたように感じたり、心臓が短時問止まったように感じたり、心臓の拍動が突然遠くなり心臓が飛び跳ねているように感じたりする動悸は、不整脈が原因と考えられます。不整脈による動悸は、心臓病がある場合はもちろん、心臓に異常がない場合にも認められることがあります。したがって、動悸だけでは、心臓病の有無をはっきりと判定することはできません。

心臓病がある場合には、動悸以外の症状も封切れます。特に、体を動かしたときに、激しく息‥切れすることが多くなります。息苦しくなるのは、さまざまな心臓病によって心臓の働きが弱っているためで、いわゆる心不全の状態になっているのが原因です。

逆に、心臓病がない場合には、息切れを起こすことはまずないと考えられます。

そこで、単純に考えれば、激しく息切れがして、同時に動悸を感じる場合には、なんらかの心臓病にかかっているといえます。反対に、動惇がしているときに息切れを感じなかったり、運動をしても動悸の程度が変わらなかったりm、逆に軽くなったりしたときには、心臓病の心配はないと考えていいでしょう。
前ぶれが併発したら早めに医師の診断を
心不全の状態になると、動悸や息切れだけでなく、体のところどころにその兆候が現れます。そうした前ぶれをいくつか桁介しましょう。

まず、あげられるのは、足や顔のむくみ、夜問に2回以上トイレに立つ夜問頻尿です。心不全になると、心臓のポンプ機能が低下しているため、全身に十分に血液を送り込めなくなっています。そのため、全身に水がたまり、足や顔にむくみが現れます。

ところが、夜は布団に横たわるため、体は水平になります。すると、むくみの原図となる水分が血管に入り、血液が水分で薄められて全体量が増加します。腎臓はこの余分な水分を抑僻しようとするため、夜問の尿の量が増えるというわけです。

もちろん、健康な人でも寝る前に水分を大量にとれば、夜中にトイレに行きたくなります。また、前立腺肥大をもっている人も夜問頻尿が多いでしょう。こうした原因がないのに、夜中に2回以上トイレに行くという人は、心不全の疑いがあります。

また、心不全の前ぶれとしては、急な体重の増加や食欲不振、手足の冷え、全身のだるさ、咳や声のかすれ、舌裳・手の甲・首すじの静脈の浮き上がりなどがあげられます。

咳や声のかすれなどは、心臓とは関係ないように思われますが、全身への動脈血の拍出が弱まると(左心不全という。肺への静脈血の拍出が弱まるのは右心不全)、肺や気管支の粘膜がうっ血して咳が出たり、のどにある反回神経が圧迫されて声がかすれたりするのです。風邪でもないのにのどに異常を感じる人は、心不全のおそれがあります。

こうした症状が併発するようなら、心不全の初期段階に入ったと考えられます。早めに専門医の診察を受けるようにしてください。
posted by 突然死 at 18:49 | Comment(0) | 心臓
2016年10月05日

動悸や息切れは健康な人にもあるが階段を40〜50段昇っただけで起これば心臓に異常のある可能性大

心臓に異常があるかどうかを自己診断する最も簡単な方法

健康な人でも全力で走れば、呼吸が乱れたり、荒くなるのは当然です。

また、会議や面接、発表会や恋人とのデートでも胸がどきどきします。このように原因がはっきりしている一時的な動悸や息切れは、誰にも起こるこで全く心配はいりません。

しかし、それほど激しい運動をしたわけでもないのに、動悸や息切れが起こる場合は心臓病を疑わなければいけません。
最む簡単なのは、階段をふつうの速さで休まずに昇るという方法です。会社のビルなら3階まで、マンションなら外階段を3階まで、駅やデパートの階段なら40〜50段昇ってみてください。そして、動悸も息切れも起こらなければ、あなたの心臓に異常はないといえます。

もしも、昇っている途中や昇り終えたあとに、動悸や息切れ・胸痛などが現れたならば、心臓病を疑って、内科か循環器科で検査を受けたほうがいいでしょう。

受診のコツ

病院では初診のさい、患者さんに、医師が「どうしましたか」と尋ねます。これは、患者さんの現在の症状・病歴・家族の病歴などを知るために行う「問診」です。

動惇・息切れ・胸痛などを訴える患者さんへの問診では、狭心症の症状のほかに、心不全(心臓の働きが衰えて血液循環が不十分になり、呼吸困難や静脈うっ血などを伴ぅ病喘aの症状や不整脈(心臓の拍動が突然速くなったり遅くなったりする病気)、失神発作の有無なども、重要なチェックポイントになります。

動悸・息切れ・胸痛などを訴える患者さんへの問診では、狭心症の症状のほかに、心不全、呼吸困難や静脈うっ血などを伴う病気の症状や不整脈、失神発作の有無なども、重要なチェックポイントになります。

心臓病の中でも、狭心症は特に問診が重要で、問診でほぼ診断がつくとされています。問診では、日常の行動パターンや生活習慣、家族の病歴なども問かれます。
複数のタイプがある狭心症

大きな病院になればなるほど、患者さんの数は多くなり、1人当たり診察時間は限られてしまいます。その限られた時間を有効に活用するため、患者さんは、あらかじめ自分の症状や心配なことを具体的にメモしておくことで診察が効率よくすすみますし、聞きたいことを忘れることもありません。

意外なようですが、例えば「胸痛がする」というより、「胸がグッと押さえられるように痛む」「胸がキリキリと痛い」「息がつまるほど胸が苦しい」というふうに、日ごろ使っている表現のほうが医師としては病名の見当がつきやすいです。

現在、日本人の死因の第1位はガンで、心臓病は第2位です。しかし、ガンは肺ガン・胃ガン・大腸ガン・乳ガンなど、さまざまな臓器や組織にできた病変を合計したものであるのに対して、心臓病は、1つの臓器についてのもの。つまり、臓器別・組織別に見れば、日本人の死因のトップは心臓病ということになります。多くの病気は、自覚症状を感じたときに対処すれば、大事には至りません。

しかし、心筋梗塞や狭心症などの心臓病は、対応しだいでは生命にかかわります。その意味で、心臓病の自覚症状を知ることは、とても重要だといえるでしょう。それを自分でしっかりととらえて、きちんと対処すれば、生命を危険にさらすこともなく、健康を取り戻すことができるのです。




posted by 突然死 at 09:07 | Comment(0) | 心臓