2016年12月18日

自宅で心臓発作が多発するのは冷えやすい脱射場やトイレ、暖房を使って室温をあげておく

朝は、布団から飛び起きない

中でも、朝の起床後の3時問は、最も血圧が上昇しやすい時問帯。そのため、心筋梗塞や脳梗塞などによる突然死が起こりやすくなります。

寝ている問は、自律神経のうちの副交感神経(休息するときに働く神経)が優位で、血圧は最も低い状態にあります。
ところが、目覚めると交感神経が優位になります。このときには血管が収縮しているため、急に飛び起きると、ただでさえ上がりやすい血圧が一気に上昇してしまうのです。

中でも、朝の起床後の3時間は、最も血圧が上昇しやすい時問帯。そのため、心筋梗塞や脳梗塞などによる突然死が起こりやすくなります。寝ている問は、自律神経のうちの副交感神経(休息するときに働く神経)が優位で、血圧は最も低い状態にあります。
ところが、目覚めると交感神経が優位になります。このときには血管が収縮しているため、急に飛び起きると、ただでさえ上がりやすい血圧が一気に上昇してしまうのです。

特に、寒い冬の季節は、布団の中と外気には温度差があるので危険が増大します。冬の朝は、目覚めたらすぐに布団から出るのではなく、数分問は寝床で過ごし、ゆっくりと体を動かしてから起きるようにしましょう。暖房機器のタイマーを起床時問に合わせてセットしておくのもよい方法でしょう。そのほかにも血圧上昇しやすい動作や習慣はたくさんあります。

まず、姿勢の問題。

血圧の上がり方が最も大きかったのは、おじぎのように上体を前にかがめる姿勢でした。日常生活の中では、床に置いた物を取ろうとしたり、床や風呂の掃除をしたりするときにこのような姿勢になります。前かがみの姿勢を取ると、腹圧(腹部の筋肉の収縮によって生じる圧力)が大きくなります。その結果、血圧が急に上がるので、高血圧の人は特に危険です。前かがみになるときは、床などに片ひざを着けて、腹圧がかからないよう注意してください。

次に、排尿や排便の我慢も血圧を急上昇させる要因。これはとても大きな影響があり、最大で50mmHGも上がることがわかりました。尿意や便意を感じたら、できるだけ早くトイレに向かいましょう。便秘ぎみの人や、いきんで排便するクセのある人も血圧が上がり、心筋梗塞などの危険性が増大します。

特に和式便器の場合、使用時に前屈みになるので要注意です。室温も低いので暖房機器は必須です。

日頃から頭寒足熱を意識した生活習慣も心臓のためにはとても重要です。
posted by 突然死 at 09:42 | Comment(0) | 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: