2016年03月11日

浴室は入浴する前に温めておく

入浴中の突然死を招く要因は、まず急激な温度差で血管が収縮・拡張を繰り返すこと。そのため、血圧が高くなったり低くなったり、激しく上下する点にあります。これを防ぐ方法としておすすめしたいのが、温水シャワーで浴槽に給湯するということです。
この方法ですと、15分間の給湯で、浴室の温度を約10度も上げることができます。シャワーがない場合は、浴槽のふたを開けたまま湯を沸かしてもよいでしょう。
posted by 突然死 at 18:36 | Comment(0) | 突然死の予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: